GINJAH blog

グレードから選ぶ

ご挨拶

作品は、自分と使い手とのコミュニケーション。いわば言葉の代わり。
言葉に言霊があるように、器にも使い勝手合理性だけでなく、家族・友人・使い手・・・様々な人に支えられ生きていることに日々感謝しているこの思いをこめてお届けしています。

携帯ページ

HOME»  コンテンツ»  土ものの器のお手入れ

土ものの器のお手入れ



◆使い始めに◆
器をより長くきれいにお使いいただくために、米のとぎ汁、または一握りのお米を入れた水の中で20分ほど弱火で煮ます。
火を止め、そのまま冷やしたらよく洗って完全に乾かします。こうすることで食品の匂いや染み込みを防ぎます。


◆日々のご使用前に◆
料理を盛る前に一度水に浸けて、水を充分に吸わせることで染みがつくのを防ぎます。


◆使い終わったら◆
土ものの器は吸水性があるので、使い終わったら出来るだけ早めに洗います。
洗い桶に汚れを付けたまま器を放っておくと、匂いがついたりしみになります。洗ったあとはよく乾かしてから食器棚にしまってください。
器を使い込んでいくうちに、だんだんと色の変化が見られることがあります。それはいわゆる汚れではなく、日々使うことで出来た器の景色です。

とっておきの器ほど毎日使って、時間をかけて自分だけの器として育てていってください。